2012年12月アーカイブ

こんにちわ2013

2012_1223_091741-P1000092.JPG 餅つき会にお邪魔させていただきました(*^_^*)(*^_^*)

住民さんのお宅のお庭でたき火で暖をとりながら

つきたてのからみ餅に黄粉餅あんこ餅も本当に美味。

 

2012_1223_100245-P1000107.JPG 2012_1223_100738-P1000122.JPG

2012_1223_101446-P1000156.JPG   

 

 

 

                                                                                                                                                                                      

 力仕事の後はくいーっと(^o^)/

                             きくぅうううううう

2012_1223_101651-P1000158.JPG

Christmas Story☆

 クリスマス☆ストーリー 2 

 

 ニコラウスとサンタクロース  

 

 カトリックの地域では12月6日が聖ニコラウスの祝日で、子供たちは前夜にお菓子や果物、おもちゃを聖ニコラウスからもらいます。

24日のイブもプロテスタントの地域とは異なり、サンタではなく天使の恰好をしたクリストキントと幼児キリストがプレゼントを持ってきます。

世界的に知られるサンタクロース像は、17世紀にオランダから移民と一緒に渡った聖ニコラウスが、250年かけて変形したのもだとのこと。

オランダ語で聖ニコラウスは「シンター・クラース」これがなまって「サンタクロース」になったとか。

今のサンタクロースの原型を描いたのはドイツ生まれのアメリカ人で、8頭のトナカイが引くソリに乗るサンタクロースを描いています。

彼は白いひげをはやした太ったニコニコ顔の(^◇^)サンタクロースを北極に住まわせますが、それは北極がどこの国にも属さない遠い神秘の地だったからのようです。

そのサンタクロース像も引き継がれています。

クリスマスストーリーも覗いてみると面白いですね。

聖なる夜、皆さんはどのように過ごされますか???

Merry Christmas!

 クリスマス☆ストーリー   

 

 イルミネーション鮮やかな時節になりました☆

 夜空にキラキラ☆団地内もキラキラ☆キラキラ   

 

ところで

クリスマスとは?     ちょっと覗いてみると

 

英語で「キリストのミサ」を意味し、救世主イエス・キリストの誕生を祝う祭日。

クリスマスツリーの起源は?

キリスト教以前の異教時代冬至に魔よけとして、常緑樹を家の中に飾ったのが起源とされます。

もみの木に装飾を施す現在のツリーが広まったのは19世紀ドイツのプロテスタント地域でのこと。

その後ドイツからヨーロッパ各国に広がり、ドイツ移民によりアメリカへ伝えられます。

屋外に飾られた世界初のツリーがワシントン、ホワイトハウス前に立てられるツリーです。 

これが1891年。

バチカン市国のサン・ピエトロ広場に生誕シーンとともに巨大なツリーが飾られるようになるのは1980年代になってからのこと。

これも第二次世界大戦に従軍したアメリカ兵がもたらしたもの。

なかなか興味深いクリスマス。

聖なる夜☆

厳かなお祝いですね。

 

サンタクロースは??